コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペリカン Pelecanidae; pelicans

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ペリカン
Pelecanidae; pelicans

ペリカン目ペリカン科の鳥の総称。古くはガランチョウと称していた。全長が 1.25~1.9mもある大型の水鳥で,北緯 60°と南緯 45°の間の,世界の温帯熱帯に 8種が分布している。水辺の草むらや樹上に集団で営巣し,おもに小型,中型の魚類を捕食する。カッショクペリカン Pelecanus occidentalis は空中から水中に飛び込んで魚をとるが,ほかの種は泳ぎながらの袋に水といっしょに魚を流し込み,あとで排水して食べる。この袋のついた嘴のために多くの人から親しまれ,動物園や公園などでよく飼われている。日本ではハイイロペリカン P. crispus,モモイロペリカン P. onocrotalus,ホシバシペリカン P. philippensis迷鳥として記録されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ペリカン(pelican)

ペリカン目ペリカン科の鳥の総称。大形の水鳥で、シロペリカン・カッショクペリカン・モモイロペリカンなどがある。くちばしは長く、下くちばしに大きな袋をもつ。袋は伸縮でき、網のように用いて魚を捕る。温・熱帯地方に分布。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ペリカン

ペリカン科の鳥の総称。大型の水鳥で,脚は短く,4指間にみずかきがある。下くちばしにある伸縮性の袋が特徴で,これで魚をすくいあげて食べる。世界の温・熱帯部に分布し,8種。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ペリカン【pelican】

ペリカン目ペリカン科Pelecanidaeの鳥の総称。この科には1属約6種があり,いずれも大型の水鳥で,なかには翼の開張が2.5mに達するものがある。体は重いが,翼は広く長く,脚は短いが大きく水かきがある。飛翔(ひしよう)力は非常に強く,遊泳にもすぐれている。かれらの顕著な特徴は長いくちばしとその下くちばしについている伸縮自在の大きなのど袋で,これを水中で網のように使って魚をとらえ,水をこしてから魚をのみ込む。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ペリカン【pelican】

ペリカン目ペリカン科の鳥の総称。大形の水鳥。長い下くちばしに大きな袋があり、この袋を利用して大きな魚をのみ込む。集団で生活する。温・熱帯の水辺に分布する。ガランチョウ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ペリカン
ぺりかん
pelican

鳥綱ペリカン目ペリカン科に属する水鳥の総称。この科Pelecanidaeの仲間は、ごく大形で、飛翔(ひしょう)と遊泳とに優れた水鳥である。[長谷川博]

形態と生態

全長約114~170センチメートル。体は重く、翼は広く長い。頸(くび)は長く、尾は短い。足は短いが大きく、水かきがある。最大の特徴は、長い嘴(くちばし)とその下嘴についている大きな伸縮自由ののど袋である。これを網のように用いて魚をとらえる。おもに熱帯域に分布するが、温帯域にもみられ、海岸や内陸の湖沼・湿地、河口域に生息する。アメリカ大陸の暖帯・熱帯域には全身褐色のものがいるが、多くは白色か灰色の羽色をもつ。捕食者から安全な島、高い岩、マングローブ林の樹上、または沼地の島に発達した葦原(あしはら)などに集団をつくって営巣する。営巣地と餌場(えさば)とが非常に離れていることもあるが、これは優れた飛翔力で埋め合わせる。1腹2~4卵を産み、雌雄が交替で約4週間抱卵し、雛(ひな)をかえす。雛は親鳥の口の中に頭を入れて、半消化の魚をもらい、おおよそ10週間で巣立つ。巣立ち後数年で初めて繁殖するようになる。ペリカンはよくまとまった小集団で生活することが多い。上空を飛ぶときに、編隊を組み、同調して羽ばたくこともある。また大形種では、湖沼の深い所に集まって横に並び、翼をばたつかせながら小魚を追い出し、浅いほうに追い込んでからとらえる。このとき、頭を水の中に入れ下嘴を開いて、広がったのど袋で魚をすくい取り、口を閉じて水から引き抜きながら、魚だけを漉(こ)し残し、最後に飲み込む。小形種ではこうした集団による追い出し採餌(さいじ)法はみられない。単独で浅い水域をゆっくりと泳ぎ、あるいはじっとしていて、魚をみつけるとすばやく頭を水中に突っ込み、のど袋ですくい取る。[長谷川博]

分類

世界に6~8種が知られている。ハイイロペリカンPelecanus philippensisは東南アジアからインドに分布する種で、日本ではまれに観察されるにすぎない。モモイロペリカンP. onocrotalusはヨーロッパ南部、西アジア、アフリカ、インドなどの内陸湖沼地域に分布し、冬季は南に移動する。コシベニペリカンP. rufescensはサハラ砂漠以南の熱帯アフリカに分布する。オーストラリア沿岸にはオーストラリアペリカンP. conspicillatusが分布する。北アメリカの内陸湖沼にはシロペリカンP. erythrorhynchosが生息し、冬季には暖海沿岸に移動する。南北アメリカの暖帯・熱帯沿岸には、ペリカン類でもっとも小形な種カッショクペリカンP. occidentalisが生息する。この種は、空中から海に突入して餌をとらえる特異な採餌を行う。水に入った瞬間に下嘴の袋を広げ、上嘴でそこに魚を追い込んでとらえる。ペルー南部とチリ沿岸にはチリペリカンP. thagusが分布する。カッショクペリカンと近縁で、やや大形である。2種は同種とされる場合もある。
 なお、ペリカンは日本列島にはまれに出現するにすぎないが、下嘴に大きな袋をもつことなど形態が奇異であることから、古来、ガランチョウあるいはコンガラチョウなどの名でよばれてきた。[長谷川博]

民俗

ヨーロッパでは中世以来、ペリカンは自分の血で雛を養い、死んだ雛に血を与えてよみがえらせる鳥として知られた。ペリカンの給餌の習性の観察から転化した伝えといわれるが、血を尊重する宗教観念によってまとめられているところに特色がある。古くからキリスト教思想と結び付き、自己犠牲の精神を表す鳥として、一般にはキリストの象徴として広まった。キリストの十字架像には、しばしば上部に、胸を広げ、死んだ雛に血を注ぎかけているペリカンが描かれる。それはまたピエタの像の聖母マリアをも想起させる姿で、民衆の間では母性愛の象徴にもなっている。日本でも琵琶湖(びわこ)などに飛来し、住民の関心をひいた。その生態から、ペリカンを描いて屋上にかけると火災を防ぐという俗信も生まれ、また脂(あぶら)が聴覚障害の治療に役だつといって薬屋に売る者もあったという。ヨーロッパでもペリカンを医療に用いる風習があり、ドイツなどでは脂は足痛風、そこひ、聴覚障害に効くといわれた。[小島瓔

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ペリカンの関連キーワードPelecanus occidentalisMACCHA MILK FLAVOR.ペリカンナチュラルベーシックMAMA CHAPO入浴料ペリカンクリーミィソープサボン ド ショコラmon savon.ペリカーノ ジュニアエターナル・アイスフルーツマーケットペリカン果実MIXスーベレーン625デモンストレーターペリカンムテンカトラディショナルウルッティバタープレックトアルスポルプソープタイディマダムペレカニミムス

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ペリカンの関連情報