コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニーグレン ニーグレン Nygren, Anders

3件 の用語解説(ニーグレンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニーグレン
ニーグレン
Nygren, Anders

[生]1890.11.15. エーテボリ
[没]1978.10.20. ルンド
スウェーデンの神学者。 1924~58年ルンド大学の組織神学,倫理学教授。 G.アウレンとともに,「モチーフ研究法」という新しい神学研究の方法を完成し,ルンド学派を形成した。主著『エロスアガペー』 Den Kristna Kaerlekstanken genom fiderna,Eros och agape (I.1930,II.36) はルンド学派の代表的文献で,キリストの愛は,エロスと区別されるアガペーであり,それは原始キリスト教ルター宗教改革において純粋に示されたことを明確に説いた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ニーグレン

スウェーデンのルター派神学者。ルンド大学教授。世界教会運動にも寄与し,ルーテル世界連盟の初代議長を務めた。主著《エロスとアガペ》(1930年―1936年)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ニーグレン【Anders Theodore Samuel Nygren】

1890‐1978
スウェーデンのルター派教会神学者,教会指導者。ルンド大学神学教授,のちルンドの監督。G.アウレンとともに新しい神学研究(モティーフ研究)を推進し,その学統はルンド学派と呼ばれるキリスト教の愛の観念をこの方法で論じた《エロスとアガペ》(1930‐36)が主著。世界教会運動にも積極的で,1948年の世界教会協議会結成に貢献し,47‐52年にはルーテル世界連盟の初代議長として活躍した。【徳善 義和】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ニーグレンの関連キーワードイェーテボリエーテボリイエーテボリ手掘りイェータ広場イョーテボリ縦堀手彫ヨーテボリイェーテボリ交響楽団

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ニーグレンの関連情報