コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニードルポイントレース needlepoint lace

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニードルポイントレース
needlepoint lace

ニードルレース,ニードルメードレースなどともいう。1本の糸と縫針だけで編み組みしてつくるレース。布地の上に刺繍を施して,余白の生地の部分を切取って刺繍の部分を残すオープンワークの技法から発達したもので,16世紀のベネチアに始る。特に 17~18世紀に発達し,ベルギーボヘミアザクセンなどはその中心地であった。材料は主として麻糸綿糸であった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ニードルポイント‐レース(needlepoint lace)

ボビン(糸巻き)を使わないで、1本の糸を文字どおり縫い針だけで、糸輪を組み合わせながらかがって作る、透かし穴飾りレースのこと。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ニードルポイントレースの関連キーワードクローシェレースボビンレースカットワークレティチェラメッシュレース編ボビン造花

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ニードルポイントレースの関連情報