コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

縫(い)針 ヌイハリ

2件 の用語解説(縫(い)針の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ぬい‐はり〔ぬひ‐〕【縫(い)針】

裁 縫。針仕事
「稽古している―だの琴だの活花だのを」〈漱石こゝろ

ぬい‐ばり〔ぬひ‐〕【縫(い)針】

縫い物に用いる針。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の縫(い)針の言及

【浜坂[町]】より

…諸寄(もろよせ)や居組(いぐみ)は沿岸漁業の基地で,マツバガニの漁獲が多い。伝統的な縫針製造の技術をもとに,縫針のほかミシン針,レコード針などの製針工場が多くあったが,現在は製品転換が進んでいる。山陰本線浜坂駅の東2kmに二日市温泉,その南1kmに七釜温泉があって,合わせて浜坂温泉(セッコウ泉,42~49℃)と呼ばれる。…

【針】より

…皮や布を糸(ひも)で縫い合わせて衣服などを作るための道具。また,物を留めるための留針(ピンpin)もいうが,ここではおもに縫針needleを中心に述べる。
[沿革]
 縫針は,旧石器時代後期には出現しており,洪積世最後のウルム氷期の寒冷な環境のもと,北部ユーラシア各地で狩猟生活を営んでいたホモ・サピエンスたちが,防寒具としての皮製の衣服を改良するなかでくふうされていったものと思われる。…

※「縫(い)針」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

縫(い)針の関連キーワード仕事着古し稽古台稽古本下稽古代稽古針仕事箏の琴

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone