コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヌアー Nuer

デジタル大辞泉の解説

ヌアー(Nuer)

南スーダン、ナイル川上流域に住む牧畜民雨季には丘上の村で共同生活を営み、乾季には遊牧を行う。多数の部族の集合で、政治制度や長をもたない。ヌエル

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヌアー
ぬあー

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ヌアーの関連キーワードエバンズ=プリチャードエバンズ・プリチャードエバンズ・プリチャードエバンスプリチャードディモルフォセカスターチス社会人類学4月21日カンペール南スーダンヌエル族マラカルANAPディーツ原始宗教祭司

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android