ヌカボシクリハラン(英語表記)Microsorium buergerianum (Miq.) Ching

世界大百科事典 第2版の解説

ヌカボシクリハラン【Microsorium buergerianum (Miq.) Ching】

千葉県以西の暖地に分布し,通常岩上や樹幹に着生するウラボシ科の常緑多年生シダ植物。根茎は細く,赤褐色膜質の鱗片で密におおわれる。葉は長さ10~40cm,やわらかな革質,小さいものでは長楕円形から卵状披針形だが,よく生育したものでは狭披針形から線形に近づく。葉柄は明らかで,狭い翼がつく。葉脈は網状に結合し,不規則な遊離脈がある。胞子囊群は円形で小さく(和名のヌカボシとは糠状の胞子囊の意),葉の裏に散在する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android