コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヌクテイ

百科事典マイペディアの解説

ヌクテイ

チョウセンオオカミ(チベットオオカミ)とドール(アカオオカミ,シベリアヤマイヌ)をさす朝鮮名。ともに食肉目イヌ科。前者はオオカミの亜種で体長1.2m,尾33cm,肩高64cmほど。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のヌクテイの言及

【オオカミ(狼)】より

…アラビア北部,イラク,インド北部のインドオオカミC.l.pallipesはやや大きく肩高60~72cm,体側の毛は3cm前後に達する。天山,チベット,ヒマラヤから中国,朝鮮半島,ウスリーまで分布するチベットオオカミ(チョウセンオオカミ,ヌクテイ)C.l.chancoは,中型で肩高62~76cm,体側の毛は4~6cm,肩の毛は12cmに達する。毛色はふつう灰黄褐色であるが黒色の個体もまれでない。…

※「ヌクテイ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ヌクテイの関連キーワードチョウセンオオカミ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android