ヌクレオチダーゼ(英語表記)nucleotidase

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ヌクレオチダーゼ」の解説

ヌクレオチダーゼ
nucleotidase

塩基+糖+リン酸の構造をもつヌクレオチドからリン酸を切り離し,あとにヌクレオシドを残す酵素で,特異的なホスファターゼの一種である。糖のどの位置についているリン酸を切るかにより,5′-ヌクレオチダーゼと3′-ヌクレオチダーゼの区別がある。各種の材料から得られるが,通例は膜画分と行動をともにし,ことに5′-ヌクレオチダーゼは,細胞膜の指標酵素とされる。大腸菌などの細菌では,細胞膜と外囲の細胞壁との空隙に存在している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

栄養・生化学辞典「ヌクレオチダーゼ」の解説

ヌクレオチダーゼ

 ヌクレオチドを加水分解してヌクレオシドとリン酸を生成する反応を触媒する酵素.5-ヌクレオチドを分解するものと3-ヌクレオチドを分解するものがある.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android