コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヌクレオチダーゼ nucleotidase

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヌクレオチダーゼ
nucleotidase

塩基+糖+リン酸の構造をもつヌクレオチドからリン酸を切り離し,あとにヌクレオシドを残す酵素で,特異的なホスファターゼの一種である。糖のどの位置についているリン酸を切るかにより,5′-ヌクレオチダーゼと3′-ヌクレオチダーゼの区別がある。各種の材料から得られるが,通例は膜画分と行動をともにし,ことに5′-ヌクレオチダーゼは,細胞膜の指標酵素とされる。大腸菌などの細菌では,細胞膜と外囲の細胞壁との空隙に存在している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

栄養・生化学辞典の解説

ヌクレオチダーゼ

 ヌクレオチドを加水分解してヌクレオシドとリン酸を生成する反応を触媒する酵素.5-ヌクレオチドを分解するものと3-ヌクレオチドを分解するものがある.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

ヌクレオチダーゼの関連キーワードフォスファターゼヌクレアーゼ核酸分解酵素

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android