外囲(読み)がいい

精選版 日本国語大辞典「外囲」の解説

がい‐い グヮイヰ【外囲】

〘名〙
① そとまわり。そとがこい。
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉一「当府の牢獄は、高名なる造営にて〈略〉には石を以て高廨を造り」 〔魏書‐長孫陳伝〕
② (比喩的に) あるものの外部をとりまいているもの。また、あるものの外側をかたちづくっているもの。
※夏目漱石氏の『文芸の哲学的基礎』を評す(1908)〈田中王堂〉三「以上は夏目氏が立論の外囲であるが」

そと‐がこい ‥がこひ【外囲】

〘名〙
① 庭や建物などのまわりにめぐらして、外部とのさかいや、他の侵入を防ぐためのかこい。垣や塀など。
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉二「外囲ひは磚瓦を以て、高さ約二丈余の墻を築き」
② ひそかに別宅などに妾をかこっておくこと。
※歌舞伎・四千両小判梅葉(1885)三幕「いはば悪足油虫の相手があっちゃあうっかりと、外囲(ソトガコ)ひにはして置かれぬ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「外囲」の解説

がい‐い〔グワイヰ〕【外囲】

宅地などの囲い。そとがこい。
生物体を取り囲むすべてのもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android