ヌジ(英語表記)Nuzi

世界大百科事典 第2版の解説

ヌジ【Nuzi】

イラク北東部,キルクークの南西約16kmにある遺跡。現在名ヨルガン・テペYorghan Tepe。ただしこの地がヌジと呼ばれたのは前15~前12世紀のことで,前3千年紀後葉にはガスールGasurと呼ばれていた。1925‐31年,おもにアメリカの考古学者により発掘され,数千枚のフルリ語混じりのアッカド語で書かれた粘土板文書が出土した。これらの文書を残した時代(前15世紀)のヌジはアラプハ王国の一都市で,ミタンニ王国の支配下にあり,かなりのフルリ人人口を擁していた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

イグノーベル賞

ノーベル賞のパロディとして、世界中のさまざまな分野の研究の中から「人々を笑わせ、そして考えさせる業績」に対して贈られる賞。「イグノーベル(Ig Nobel)」とは、ノーベル賞創設者アルフレッド・ノーベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android