コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヌジ Nuzi

世界大百科事典 第2版の解説

ヌジ【Nuzi】

イラク北東部,キルクークの南西約16kmにある遺跡。現在名ヨルガン・テペYorghan Tepe。ただしこの地がヌジと呼ばれたのは前15~前12世紀のことで,前3千年紀後葉にはガスールGasurと呼ばれていた。1925‐31年,おもにアメリカの考古学者により発掘され,数千枚のフルリ語混じりのアッカド語で書かれた粘土板文書が出土した。これらの文書を残した時代(前15世紀)のヌジはアラプハ王国の一都市で,ミタンニ王国の支配下にあり,かなりのフルリ人人口を擁していた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ヌジの関連キーワードフィリップス(William D. Phillips)パーンチャラートラ・サンヒター大阪府大阪市中央区難波千日前ベーダールタ・サングラハシュリー・バイシュナバベーダーンタ・サーラヤーダバプラカーシャカネム・ボルヌー帝国ヤームナーチャーリヤアイエヌジー生命保険シュリー・バーシヤ被限定者不二一元論ラーマーヌジャンラーマーナンダ盗まれた飛行船シュリーカンタルフィニャックヌジョール法ムツァムドゥイスラエル史

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android