コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヌマトラノオ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヌマトラノオ
ぬまとらのお / 沼虎尾
[学]Lysimachia fortunei Maxim.

サクラソウ科の多年草。地下茎を引いて群生する。全株無毛。茎は丸く、直立し、高さ60~70センチメートル。葉は密に互生し、細長く、長さ4~5センチメートル。初夏、茎の先に直立する総状花序をつくり、白色で径約5ミリメートルの5弁花を下から順に開く。原野の湿性地に生え、本州から沖縄、および中国、インドに分布する。[鳥居恒夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のヌマトラノオの言及

【オカトラノオ】より

…若芽は食用になる。 オカトラノオに似て湿地に生えるヌマトラノオL.fortunei Maxim.は花が白く,花序は細く直径1~1.5cm。葉も細く,倒披針形,幅1~1.5cm。…

※「ヌマトラノオ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ヌマトラノオの関連キーワードサクラソウ科沼萩白萩

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android