コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヌムール ヌムールNemours

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヌムール
Nemours

フランス北部,セーヌエマルヌ県の町。パリ南南東約 75kmに位置する。中世にはヌムール公領。のちサボイア家領を経てアパナージュ (国王親族封) となった。 12世紀の城 (15,17世紀修復) ,16世紀の聖堂などがある。アメリカ合衆国の化学工業閥デュポン・ド・ヌムール家の父祖の地。人口1万 2115 (1990) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

367日誕生日大事典の解説

ヌムール

生年月日:1739年9月14日
フランスの経済学者,政治家
1817年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

ヌムールの関連キーワードプレボー(Jean Prévost)ジュリアーノ・デ・メディチシャルル ナポレオンカルル・フリードリヒデュポン(化学会社)ジャン プレヴォーメディチ家礼拝堂ヌムール(公家)ミエロスワフスキデラウェア[州]ウィルミントンミケランジェロクレーブの奥方ドービニャックデュポン財閥ボーローグテュルゴーボージュラ生年月日プレボー

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ヌムールの関連情報