ヌムール(英語表記)Nemours

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヌムール
Nemours

フランス北部,セーヌエマルヌ県の町。パリ南南東約 75kmに位置する。中世にはヌムール公領。のちサボイア家領を経てアパナージュ (国王親族封) となった。 12世紀の城 (15,17世紀修復) ,16世紀の聖堂などがある。アメリカ合衆国の化学工業閥デュポン・ド・ヌムール家の父祖の地。人口1万 2115 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

ヌムール

生年月日:1739年9月14日
フランスの経済学者,政治家
1817年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android