コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヌリワラビ(塗蕨) ヌリワラビAthyrium mesosorum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヌリワラビ(塗蕨)
ヌリワラビ
Athyrium mesosorum

オシダ科の夏緑性シダ植物。本州を中心に四国,九州および朝鮮南部に分布し,山地の林下に生える。根茎は長く横にはい,根茎の先端に込合って葉をつける。葉は長さ 80cm前後に達し,葉身は2~3回羽状に分裂し,葉柄,中軸羽軸とも赤褐色で光沢がある。葉柄基部には広披針形で膜質淡褐色鱗片が疎生する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ヌリワラビ(塗蕨)の関連キーワードオシダ科

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android