コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネオメンデリズム(英語表記)Neo-Mendelism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ネオメンデリズム
Neo-Mendelism

メンデルの遺伝法則を拡張,修正した遺伝法則をいう。現在の遺伝学はメンデルの法則に基づいて説明されているが,細胞質遺伝接木 (つぎき) 雑種,易変遺伝子などは古典的な単純なメンデリズムによっては十分に説明されず,非メンデル性遺伝と呼ばれるものもある。そこで,統計的処理のみによる従来の変異遺伝学あるいは形質遺伝学に対して,遺伝子と形質発現の中間過程を研究する生理遺伝学,放射線遺伝学,実験遺伝学,生化学遺伝学が開拓されてきた。これらは遺伝子や染色体を認めたうえで,遺伝子から形質への発現段階での諸種の修飾要因や,形質発現の場としての細胞質の役割や,核以外の遺伝要素を考えに入れて,メンデリズムを補足し修正するものである。なお,こうした遺伝法則に基づく進化観,すなわちネオダーウィニズムの遺伝理論の側面を,ネオメンデリズムと呼ぶこともある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android