コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネズミモチ(鼠黐) ネズミモチ Ligustrum japonicum

2件 の用語解説(ネズミモチ(鼠黐)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ネズミモチ(鼠黐)
ネズミモチ
Ligustrum japonicum

モクセイ科の常緑低木で,タマツバキともいう。本州中部以南の暖地に生え,人家の庭や生垣によく植えられている。幹は直立し,樹皮は灰色でよく分枝する。葉は対生し,長さ5~8cmの楕円形で質は厚く上面に光沢がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ネズミモチ【ネズミモチ(鼠黐) Japanese privet】

暖地に生えるモクセイ科イボタノキ属の常緑小高木で,和名は果実の形と色がネズミの糞(ふん)に,枝葉がモチノキに似ることによる(イラスト)。別名タマツバキ。高さ6mになり,樹皮は灰黒色を呈する。密に分枝し,当年枝は灰青色。葉は対生し,卵形で長さ4~8cm,質が厚い。6月ころ当年枝に円錐花序を頂生して,径5mmほどの白い花を密につける。花冠は長さ5~6mmで,中ほどで4裂する。おしべは2本。11月ころ楕円形で長さ1cmたらずの紫黒色の核果を結び鳥が散布を助ける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ネズミモチ(鼠黐)の関連キーワードイランイラン金木犀銀木犀鼠黐木犀木茘枝水蝋水蝋の樹水蝋の虫イボタガ(水蠟蛾)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone