コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネズミモチ(鼠黐) ネズミモチLigustrum japonicum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ネズミモチ(鼠黐)
ネズミモチ
Ligustrum japonicum

モクセイ科の常緑低木で,タマツバキともいう。本州中部以南の暖地に生え,人家の庭や生垣によく植えられている。幹は直立し,樹皮は灰色でよく分枝する。葉は対生し,長さ5~8cmの楕円形で質は厚く上面に光沢がある。夏に,新しい枝の先端に円錐花序を出して,白色の小花を多数密につける。花冠は長さ数 mmの筒状で先端が4裂する。花筒内に2本の短いおしべと1本のめしべがある。果実は長楕円形の核果で,紫黒色に熟する。形がネズミの糞に似ているところから,ネズミノフンともいう。本種は公害に強く,都市部でも盛んに生長する。最近,高速道路などに植えられているのは,中国産の近縁種トウネズミモチ L. lucidumが多い。和名は実や木がモチノキの仲間に似ているために名づけられたもの。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ネズミモチ【ネズミモチ(鼠黐) Japanese privet】

暖地に生えるモクセイ科イボタノキ属の常緑小高木で,和名は果実の形と色がネズミの糞(ふん)に,枝葉がモチノキに似ることによる(イラスト)。別名タマツバキ。高さ6mになり,樹皮は灰黒色を呈する。密に分枝し,当年枝は灰青色。葉は対生し,卵形で長さ4~8cm,質が厚い。6月ころ当年枝に円錐花序を頂生して,径5mmほどの白い花を密につける。花冠は長さ5~6mmで,中ほどで4裂する。おしべは2本。11月ころ楕円形で長さ1cmたらずの紫黒色の核果を結び鳥が散布を助ける。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android