コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネチズン ねちずん

4件 の用語解説(ネチズンの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ネチズン

ネット(net)と市民(citizen)を組み合わせた造語で、ネットワークを利用する人々の総称。インターネットを通じて世界中の人々とコミュニケーションをとれることから、国や人種を超えて地球全体の市民として生活していこうという概念を指す。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ネチズン(netizen)

network+citizen(市民)から》インターネットなどのコンピューターネットワーク上で活動する人々。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IT用語がわかる辞典の解説

ネチズン【netizen】

インターネットなどのコンピューターネットワークを利用する人々の総称。狭義にはインターネット上での人々のつながりを国境や人種を問わないひとつの社会とみなし、そこに帰属意識を持つ人々を指す。◇「network(ネットワーク)」と「citizen(市民)」の混成語。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ネチズン【netizen】

〔ネットワークとシチズンの合成語〕
コンピューター-ネットワーク上に存在する人々。ネットワーク市民。ネット-シチズン。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のネチズンの言及

【コンピューターリテラシー】より

…このような情報処理におけるモラルやエチケットを一般には情報倫理information ethicsというが,特に,コンピューターネットワークに関したものをネチケットnetiquetteという場合もある。また,ネチケットを守り,コンピューターネットワーク上で活躍する市民をネチズンnetizenと呼ぶこともある。
[マルチメディアリテラシー]
 従来のコンピューターリテラシーが文字のみをデジタル的に扱うことが中心であったのに対し,最近のコンピューター処理速度の向上やディジタルカメラの普及などにより,文字以外の画像,動画,音声,音楽などをディジタル的に誰でもが扱えるようになってきた。…

※「ネチズン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ネチズンの関連キーワードコンピューターネットワークインターネットTVテルネットネットワークコンピューターインターネットアクオス

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ネチズンの関連情報