コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネチズン(読み)ねちずん

IT用語がわかる辞典の解説

ネチズン【netizen】

インターネットなどのコンピューターネットワークを利用する人々の総称。狭義にはインターネット上での人々のつながりを国境や人種を問わないひとつの社会とみなし、そこに帰属意識を持つ人々を指す。◇「network(ネットワーク)」と「citizen(市民)」の混成語

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

ネチズン【netizen】

〔ネットワークとシチズンの合成語〕
コンピューター-ネットワーク上に存在する人々。ネットワーク市民。ネット-シチズン。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のネチズンの言及

【コンピューターリテラシー】より

…このような情報処理におけるモラルやエチケットを一般には情報倫理information ethicsというが,特に,コンピューターネットワークに関したものをネチケットnetiquetteという場合もある。また,ネチケットを守り,コンピューターネットワーク上で活躍する市民をネチズンnetizenと呼ぶこともある。
[マルチメディアリテラシー]
 従来のコンピューターリテラシーが文字のみをデジタル的に扱うことが中心であったのに対し,最近のコンピューター処理速度の向上やディジタルカメラの普及などにより,文字以外の画像,動画,音声,音楽などをディジタル的に誰でもが扱えるようになってきた。…

※「ネチズン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ネチズンの関連情報