コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

帰属意識 きぞくいしき identification

翻訳|identification

2件 の用語解説(帰属意識の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

帰属意識
きぞくいしき
identification

元来は精神分析学の用語。 S.フロイトは,(1) 対象とのリビドー的結合,(2) リビドー的結合の代替物の内的形成 (対象をエゴの内に取入れる) ,(3) 当初の性的対象と類似の性質をもつ対象に対する同様の過程の3種類の現象をさして identification (同一視,一体化) と呼んだ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

帰属意識
きぞくいしき
identification

ある特定の集団に対して一体感をもつかどうか、また、その一体感の程度がどれほどかを表す心理的な状態をさす。この場合、一体感の対象となる集団は主観的に確認されているものであればよく、実際にその集団の一員であるかどうか、また、その集団が客観的に存在しているかどうかは問題でない。特定の集団に対して帰属意識をもつということは、その集団の目標や価値体系や役割体系を内在化させる心理過程をたどった結果としての意識構造が存在することを表す。したがって、その集団の目標に適合するように自己啓発を図り、その集団の立場にたって状況を把握し、その集団の利益になるように行動しようとする態度が形成されているとみなされる。たとえば、企業意識とは、各人の所属する企業への帰属意識の強さを示すもので、企業への感覚的な一体感の有無だけでなく、その企業の置かれている状況を的確にとらえて行動する姿勢があるかどうかが問題になる。[本間康平]
『尾高邦雄著『産業社会学講義』(1981・岩波書店) ▽石川晃弘著『社会変動と労働者意識』(1975・日本労働協会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

帰属意識の関連キーワード国際精神分析学会新フロイト派ユングフロイト主義岸田秀精神分析入門タウスクフェダーンフェレンツィ日本精神分析学会

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

帰属意識の関連情報