ネバーイー(読み)ねばーいー(英語表記)Nevāī ‘Alīshīr

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ネバーイー
ねばーいー
Nev ‘Alshr
(1441―1501)

ティームール朝の詩人。ティームール朝に発展したチャガタイ文学の代表者。ヘラートの名家に生まれ、スルタン、フサイン・バイカラの重臣となる。イラン文学を取り入れ、これをトルコ語を通じて表現することにより、トルコ語の文学用語としての水準を高めた。ペルシアの詩人ニザーミーらの影響を受けた詩集『ハムサ』は『ライラーとマジュヌーン』などを含む五部作である。[永田雄三]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android