コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハムサ Khamsa

世界大百科事典 第2版の解説

ハムサ【Khamsa】

中世イランの詩人ニザーミーによる長編叙事詩。神秘主義詩《マフザヌル・アスラール(秘密の宝庫)》,ロマンス叙事詩《ホスローとシーリーン》《ライラとマジュヌーン》《ハフト・パイカル(七王妃)》,英雄叙事詩《イスカンダル・ナーメ(アレクサンドロスの書)》の五部から構成され,《五部作》と訳されることもある。《ハムサ》は古来イランの画家たちが最も好んだ画題の一つで,フィルドゥーシーの《シャー・ナーメ》と同様,非常に多くの挿絵が描かれた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ハムサの関連キーワードスルタン・ムハマッドイル・ハン朝美術バーミングハムシャー・ナーメ石窟庵と仏国寺マジュヌーン不動点定理ネバーイーシーリーンホスロー仏国寺石窟庵

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android