コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネパールの王宮広場 ネパールのおうきゅうひろば

1件 の用語解説(ネパールの王宮広場の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ネパールのおうきゅうひろば【ネパールの王宮広場】

ネパールの首都カトマンズの東12km、カトマンズ盆地の東端の古都バクダプルにある旧王宮前の広場。王宮はブパティンドラ・マッラ王が1696年に建てたもので。1769年まで王室一族が住んでいた。現在は国立美術館となっている。広場からは、この旧王宮をはじめ寺院や彫像のモニュメントなど、17~18世紀のネワール族(カトマンズ周辺に暮らす、ネパールで6番目の民族)の伝統的な建築物を見ることができる。◇「ダルバール広場」ともいう(「ダルバール」はネパール語で「宮廷」という意味)。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ネパールの王宮広場の関連キーワードカトマンズネパールネパール語グルカカトマンズの男ダサインネパールと中印ネパール盆地カトマンズの渓谷カトマンズの谷

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone