コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネパールの王宮広場 ネパールのおうきゅうひろば

1件 の用語解説(ネパールの王宮広場の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ネパールのおうきゅうひろば【ネパールの王宮広場】

ネパールの首都カトマンズの東12km、カトマンズ盆地の東端の古都バクダプルにある旧王宮前の広場。王宮はブパティンドラ・マッラ王が1696年に建てたもので。1769年まで王室一族が住んでいた。現在は国立美術館となっている。広場からは、この旧王宮をはじめ寺院や彫像のモニュメントなど、17~18世紀のネワール族(カトマンズ周辺に暮らす、ネパールで6番目の民族)の伝統的な建築物を見ることができる。◇「ダルバール広場」ともいう(「ダルバール」はネパール語で「宮廷」という意味)。

出典|講談社
世界の観光地名がわかる事典について | 情報

ネパールの王宮広場の関連キーワードベスビオ[山]秋田・児童連続殺害世界クロスカントリー選手権会津盆地伊勢平野上町台地海ノ中道恵那峡オーバーアマガウカヤオ

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone