コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネパールガンジ Nepālganj

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ネパールガンジ
Nepālganj

ネパール南西部,ベリ地方の行政中心地で,インドとの国境に位置する町。同国西部の商業中心地。米,穀類雑穀,牛乳,バター,搾油用種子,皮革などを集散する。国内空港がある。人口3万 4015 (1981) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ネパールガンジ
ねぱーるがんじ
Nepalgunj

ネパール西部の低地、タライ地方にある町。人口5万7535(2001)。インドから西部ネパールへの入口にあたり、タライ地方や西部ネパール山地の農林産物が、この町からインドへ輸出される。精米、精油、製材、マッチなどの工場がある。[高山龍三]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android