コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネピアグラス

2件 の用語解説(ネピアグラスの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ネピアグラス

チカラシバ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ネピアグラス【napier grass】

家畜の飼料とするために暖地で栽培されるイネ科の多年草エレファントグラスelephant grassともいう。熱帯アフリカ原産で,20世紀初めに作物化され,日本には昭和初期に導入された。草丈は2~5m,茎の太さ2~3cmとなる。匍匐(ほふく)性の茎を多数分げつし,直径1m,茎数100を超す壮大な株状になる。葉は細長く,大きなものでは長さ1mを超し,幅も3cmほどになる。秋に茎頂から穂を出す。穂は円筒状で10~30cm,1cmほどの剛毛がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ネピアグラスの関連キーワード硬質米飼料飼料作物粗飼料肥育牧草採草荳草類露地物綿実

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone