コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネムリブカ ねむりぶかwhitetip reef shark

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ネムリブカ
ねむりぶか / 眠鱶
whitetip reef shark
[学]Triaenodon obesus

軟骨魚綱サメ目メジロザメ科に属する海水魚。太平洋、インド洋、紅海の熱帯域のサンゴ礁や岩礁地帯に分布する。日本では琉球(りゅうきゅう)諸島や小笠原(おがさわら)諸島などで知られている。メジロザメの仲間であるが、第1背びれがメジロザメより後方にあって胸びれと腹びれの中央より後部にあること、第1背びれと尾びれの先端が明瞭(めいりょう)に白いこと、口が吻端(ふんたん)に近いことなどが特徴。このサメは昼間は浅い所に集まって、サンゴ礁の洞窟(どうくつ)や岩の割れ目などに首を突っ込んで昼寝をする習性があるためこの名がつけられた。この昼寝をする習性を利用して眠っているサメに近づき、ロープを尾にかけて一気に船に引き上げる漁法もある。一見、凶暴なメジロザメに似ているが、性質がおとなしくて取り扱いやすいので、テレビや映画に偽物のメジロザメとしてしばしば登場する。全長2メートル程度になる。[仲谷一宏]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android