コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネムルト山 ネムルトさんNemrut Daǧ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ネムルト山
ネムルトさん
Nemrut Daǧ

トルコ,アナトリア南東部,アンティトロス山脈中の山。標高 2150m。山頂に残る墳墓と巨大石像群で知られる。前1世紀にこの地方を治めたコンマゲネ王国のアンチオコス1世 (前 69頃~34頃) が,みずから神になろうとして山頂に築き,さらに神々と並ぶ自分の姿をレリーフに残そうとしたものである。東西のテラスに,レリーフを施した石板のほか,自分や神々の石像を置いた。石像は切石を積重ねて細工した,高さ 9mにも及ぶ巨大なもので,現在では地震で崩落したままになっているが,頭部は比較的保存状態がよい。 1987年世界遺産の文化遺産に登録。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ネムルト山の関連キーワードネムルト湖

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android