ネムルト山(読み)ネムルトさん(英語表記)Nemrut Daǧ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トルコ,アナトリア南東部,アンティトロス山脈中の山。標高 2150m。山頂に残る墳墓と巨大石像群で知られる。前1世紀にこの地方を治めたコンマゲネ王国のアンチオコス1世 (前 69頃~34頃) が,みずから神になろうとして山頂に築き,さらに神々と並ぶ自分の姿をレリーフに残そうとしたものである。東西テラスに,レリーフを施した石板のほか,自分や神々の石像を置いた。石像は切石を積重ねて細工した,高さ 9mにも及ぶ巨大なもので,現在では地震で崩落したままになっているが,頭部は比較的保存状態がよい。 1987年世界遺産の文化遺産に登録。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android