切石(読み)キリイシ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 用途に従って種々の形に切った石材。また、単に割って角立った石をもいう。
※太平記(14C後)三八「瑪瑙の如くなる切石を広さ二丈許に平に畳連(つら)ねて」
② 特に、一定の形に加工した石積み用の石材。二面切り、江戸切り、谷切り、亀甲切りなどがある。
③ 敷き石。石畳。
※醍醐寺新要録(1620)「但土台四方切石、別に下行之

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android