ネメアのライオン(英語表記)Lion of Nemea

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ギリシア神話でヘラクレス退治される怪獣エキドナと猛犬オルトロスとの母子姦から生れ,ヘラに育てられてネメアの森に住わせられ,猛威をふるっていたが,12の難業の第1番目にその退治を命じられたヘラクレスは,刃物の通らぬこの獣の首を絞め,窒息させて皮をはぎ,エウリュステウスのところに持帰って見せた。この皮は以後ヘラクレスの衣服の代りになり,ライオンは天に上げられて獅子座になったとされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

二・二六事件

1936年2月 26~29日,東京で,国家改造を目指す陸軍青年将校が陸軍部隊を率いて反乱,クーデターを試みた事件。 26日早朝の蜂起後,27日東京に戒厳令がしかれたが,28日反乱部隊は「騒擾部隊」とさ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android