コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

獅子座 ししざsiṃhāsana

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

獅子座
ししざ
siṃhāsana

仏典では,釈尊人中獅子と称している場合が多いので,釈尊や高徳な人のすわるところを獅子座と呼んだ。転じて,獅子の姿を彫刻した台座を意味し,このような台座に坐する釈迦牟尼仏の彫刻の遺物は多い。師子座とも書く。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

占い用語集の解説

獅子座

二区分は男性星座。三区分は不動星座。四区分火のエレメント。支配星は太陽。身体の象徴部位は心臓・背中。高い誇りを持った情熱家。長く自分の中の情熱の火を保ち続ける。度量があり寛大。創造的。ドラマッチックで派手好き。親分、姉御肌で下の面倒を良く見る。教師の資質あり。演技力があり、パフォーマーとしての才能もある。芝居がかった演出を好む。

出典|占い学校 アカデメイア・カレッジ占い用語集について | 情報

大辞林 第三版の解説

ししざ【獅子座】

仏の座る座。また、高僧の座る所。猊座げいざ。獅子の座。
ラテン Leo〕 4月下旬の宵に南中する星座。黄道十二宮の獅子宮に相当した。ギリシャ神話ではネメアの谷間に住み人畜を害した獅子で、ヘラクレスに退治されたものという。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

獅子座の関連キーワードシンハーサナ・ドゥバートリンシカーウイリアム・ルイス エルキンテンペルタットル彗星エドモンド ワイスウルトラマンレオネメアのライオン男性宮(陽の宮)トリプリシティ獅子座三十二話フィックスドオウンサイン獅子座流星群ギリシャ神話黄道十二宮臼井 吉見12サインヘラクレスエレメントルーラーレオニズ

獅子座の関連情報