コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネルボ Nervo, Amado

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ネルボ
Nervo, Amado

[生]1870.8.27. テピク
[没]1919.5.24. モンテビデオ
メキシコの詩人。ヨーロッパでニカラグアの詩人 R.ダリオと知合い,やがて『レビスタ・モデルナ』誌の編集長 (1898~1903) として,メキシコにおける近代主義の詩の成立に貢献した。のちに外交官としてスペイン,アルゼンチン,ウルグアイにおもむいた。作品は『詩集』 Poemas (1902) ,『静穏』 Serenidad (14) ,『不動の愛人』 La amada inmóvil (20) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ネルボ【Amado Nervo】

1870‐1919
メキシコのモデルニスモ詩人。グティエレス・ナヘラの弟子としてモデルニスモ詩運動に入り,のち彼みずから《レビスタ・モデルナ》誌を創刊,1898年から1903年まで同誌に拠ってメキシコでの近代詩活動を展開した。また1905‐18年マドリードに滞在し,ヨーロッパの洗練された詩と接触するとともに,1910年パリでのダリオとの運命的な出会いによって《静けさ》(1914)などの秀作を発表した。彼の詩の特徴は,仏教などから影響を受けた宗教的神秘性にある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ネルボの関連キーワードグティエレス・ナヘラボーリング(試錐)ISDBオールフス県スカネルボル南ユランス県ボコーダーニカラグア8月27日トンネルイェルムチャネル睡眠薬詩人

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android