ノイエ・タンツ(英語表記)Neue Tanz

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノイエ・タンツ
Neue Tanz

第1次世界大戦後ドイツに起った新しい舞踊。形式的な古典の技法を排して,内面的な表現を尊重し,その思想に現代性を求める表現主義舞踊である。 I.ダンカンの踊りを起源とするが,理論的には R.ラバンとその弟子 M.ウィグマンによって基礎が築かれ,H.クロイツベルク,H.ホルムらによって発展した。芸術であることを強調するため,クンスト・タンツ (芸術舞踊) ,エステティック・ダンス (審美舞踊) ともいう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のノイエ・タンツの言及

【モダン・ダンス】より

I.ダンカンを祖とし,1920年代のドイツで確立され,その後アメリカで発達をみた。〈モダン・ダンス〉という言葉は33年にアメリカの評論家マーティンJohn Martinが,ダンカンのフリー・ダンスfree dance(ニュー・ダンスともいう),ドイツのM.ウィグマンらのノイエ・タンツNeue‐Tanz(のちにモデルネ・タンツといわれた)やアメリカのM.グラームらのダンスを総称し定義づけたことに由来がある。しかし,その後の発展にともない,現在欧米では〈コンテンポラリー・ダンスcontemporary dance〉,日本では〈現代舞踊〉の名称で呼ぶことが多くなっている。…

※「ノイエ・タンツ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android