コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノイエ・チュリヒャー・ツァイトゥング Neue Zürcher Zeitung

世界大百科事典 第2版の解説

ノイエ・チュリヒャー・ツァイトゥング【Neue Zürcher Zeitung】

スイスのチューリヒで発行されている世界的高級紙。1780年に週刊《チュリヒャー・ツァイトゥング》として創刊され,1821年に現在のタイトルに改題,43年から日刊となった。通常の判型より小型で写真はほとんどなく,センセーショナリズムを徹底的に排除した重厚な編集で,〈アンチ・ジャーナリズムとしてのジャーナリズム〉として,国際的な名声を博している。約15万部(1995)の小部数ながら,世界の有識者層の間で広く読まれている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ノイエ・チュリヒャー・ツァイトゥングの関連キーワードクオリティ・ペーパー

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android