コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノックダウン方式 ノックダウンほうしき knockdown system

3件 の用語解説(ノックダウン方式の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノックダウン方式
ノックダウンほうしき
knockdown system

部品を現地で組立てて完成品とする生産方式。ミシン自動車,家具などを最初から完成品として現地に輸送すると,輸送コストが大きくなり,かつ品いたみなども激しくなる。そこでばらばらの部品または半完成品の形で現地に輸送し,組立てるという方式が生れた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ノックダウン‐ほうしき〔‐ハウシキ〕【ノックダウン方式】

ケー‐ディー(KD)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ノックダウン方式
のっくだうんほうしき
knockdown system

部品セットを外国に送り、それを現地で製品に組み立てて販売する方式。自動車に典型的にみられる。この方式を採用する理由は、完成品を輸送するよりも多種・膨大な部品のまま輸送するほうが運賃を節約できること、現地の安い労働力を組立てに利用できること、安定した部品による良品質の製品を供給できることなどである。国によっては、産業育成のために製品輸入に高率の関税を課すところもあるが、この方式はそれを回避することができる。その反面、現地に組立工場を設ける必要があること、国によっては部品の国産化率により製品輸入と同一に扱うことなどの問題点がある。[森本三男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ノックダウン方式の関連キーワードローカルコンテントノックダウン輸出ノックダウンモジュラー生産看板方式組立工KDトヨタ生産方式ホームサウナ部品工業

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ノックダウン方式の関連情報