コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノハナショウブ(野花菖蒲) ノハナショウブIris ensata var.spontanea

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノハナショウブ(野花菖蒲)
ノハナショウブ
Iris ensata var.spontanea

アヤメ科多年草。北海道から九州,朝鮮半島,中国,東シベリアに分布し,酸性の湿原や草原に生える。地下茎は横にはって分枝し,多くの繊維に包まれる。葉は剣状で長さ 30~60cm,中肋は太く目立つ。花茎は直立し,高さ 40~100cm,頂部に2~3個の包があり,6~7月に数個の花を次々に開く。花は赤紫色で径 10cm,外花被片は楕円形で先が垂れ,基部に長い爪があり,中央から爪にかけて黄色を帯びる。内花被片は細くて直立し長さ 4cm。花柱の先は2深裂し,裂片はほぼ全縁。ハナショウブ (花菖蒲) は観賞用に改良された園芸品種で,内花被片が大型,色彩も豊富である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android