コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノビシアド

世界大百科事典 第2版の解説

ノビシアド

イエズス会東インド巡察師バリニャーノにより,1580年(天正8)豊後国臼杵に設立された修練院。原語はポルトガル語のnoviciado。修練士はセミナリヨ出身の日本人イルマンとヨーロッパ人イルマンから成り,イグナティウス・デ・ロヨラの霊操,黙想,霊的読書など修道生活に専念する2年の修練期間終了後,清貧,貞潔,従順の三誓願を立てて豊後国府内のコレジヨに入学した。戦乱と迫害のために移動し,最終地は長崎で,1614年(慶長19)まで続いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ノビシアドの関連キーワードイグナティウス・デ・ロヨラキリシタン学校

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android