コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黙想 モクソウ

デジタル大辞泉の解説

もく‐そう〔‐サウ〕【黙想】

[名](スル)黙って考えにふけること。黙思。「黙想にふける」
「林の奥に坐して四顧し、傾聴し、睇視し、―す」〈独歩武蔵野

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

もくそう【黙想】

( 名 ) スル
黙って思いにふけること。 「いすにかけて-する」 「 -にふける」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

黙想の関連キーワードネクラーソフ(Nikolay Alekseevich Nekrasov)グラナダ(Fray Luis de Granada)ペトルス[アルカンタラの]イミタティオ・クリスティアンビエントミュージックノートルダム教育修道女会木・沐・目・默・黙省察録[デカルト]旧聖堂の移築・復元公立学校礼拝問題トラピスト修道会メディテーションアトンメント会キリストの哀悼十字架の道行聖ビアトル会ハジ・ウマル岡田 虎二郎アブラフィアヘシカズム

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

黙想の関連情報