コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノボロギク(野襤褸菊) ノボロギクSenecio vulgaris; groundsel

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノボロギク(野襤褸菊)
ノボロギク
Senecio vulgaris; groundsel

キク科の越年草で,ヨーロッパ原産。日本には明治の初め頃渡来し,路傍や畑などに普通にみられる帰化植物となった。茎も葉も肉質で軟らかく,高さ 20~40cmで葉は互生し,縁は不規則に羽状に切れる。通常は春から夏にかけて,ときに一年中,多数の頭状花を次々と開く。頭花は径3~5mmで筒形の総包に包まれ,少数の黄色の管状花から成る。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ノボロギク(野襤褸菊)の関連キーワードキク科

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android