コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノボロギク(野襤褸菊) ノボロギク Senecio vulgaris; groundsel

1件 の用語解説(ノボロギク(野襤褸菊)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノボロギク(野襤褸菊)
ノボロギク
Senecio vulgaris; groundsel

キク科の越年草で,ヨーロッパ原産。日本には明治の初め頃渡来し,路傍や畑などに普通にみられる帰化植物となった。茎も葉も肉質で軟らかく,高さ 20~40cmで葉は互生し,縁は不規則に羽状に切れる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ノボロギク(野襤褸菊)の関連キーワードカミツレフランスギクヨーロッパ原子力共同体銭葵野襤褸菊風鈴草大犬の陰嚢鬼野芥子バターレタスノボロギク

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone