コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノモスとフュシス ノモスとフュシス nomos kai physis

1件 の用語解説(ノモスとフュシスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノモスとフュシス
ノモスとフュシス
nomos kai physis

前者は「法律や習俗」,後者は「自然本来のもの」 (人為によっては動かされぬ必然的なもの) を意味するギリシア語。この両者が対立カテゴリーとして登場したのは,アテネにおいてである。法は神聖であり正義と幸福 (利益) は一致するものとされていたが,法律のたび重なる改変や周囲の実情に影響されて,かつては絶対視されていたノモス的なるもの一般の相対性や正義と利益の相反が鋭く自覚されるようになった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ノモスとフュシスの関連キーワード二中間子論千年家直系親族複号傍系親族本来の面目無髄神経ズイムシフリーズ/ハング慶長通宝

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone