コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノモス・ゲオルギコス ノモス・ゲオルギコス Nomos Geōrgikos

1件 の用語解説(ノモス・ゲオルギコスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノモス・ゲオルギコス
ノモス・ゲオルギコス
Nomos Geōrgikos

7世紀後半から8世紀初め頃に成立したビザンチン帝国の農民法。ユスチニアヌス2世 (在位 685~695) の法令集から抜粋されたもの。農奴をもった大土地所有者と並んで土地を共同所有する自由な村民共同体の存在および農奴と並んだ自由農民の存在を認め自由小農民の社会的・経済的要素を重要視した法令であった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ノモス・ゲオルギコスの関連キーワード古典学派摂関時代ラージプート族宮城県仙台市太白区郡山福井県小浜市加茂兵庫県神戸市灘区都通奈良県桜井市池之内島根県松江市大草町山口県萩市見島鹿児島県出水郡長島町蔵之元

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone