コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノルボルナン norbornane

世界大百科事典 第2版の解説

ノルボルナン【norbornane】

(化学式)環式炭化水素の一つ。ビシクロ[2,2,1]ヘプタンまたはノルカンファンnorcamphaneともいう。2環性の炭素骨格を有し,同様の骨格は天然に産するテルペン類(たとえばボルネオール)の骨格にみられる。昇華性のある無色の結晶で,融点86~87℃,沸点105℃。アセチレンとシクロペンタジエンの反応で生成するノルボルネンを水素化して得られる。水に不溶,種々の有機溶剤に可溶。【村井 真二】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android