コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノンネル Nonel

1件 の用語解説(ノンネルの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ノンネル【Nonel】

スウェーデンのニトロノーベルNitro‐Nobel社が1970年ころに開発した爆薬の起爆システムの商品名。細いプラスチック製のチューブの内面に特殊な爆薬が塗布してあり,この爆薬の爆轟の伝播(でんぱ)を利用して主爆薬にとりつけてある特殊雷管の起爆を行う非電気的起爆法。従来広く行われている電気雷管による起爆法は,迷走電流や雷,静電気などによる不時の暴発,漏電による不発などのおそれがあったが,そのような事故を防止する方法として開発された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ノンネルの関連キーワードスウェーデン語スウェーデン体操スウェーデンボリスウェーデンリレーノーベリウムノーベルスウェーデン刺繍スウェーデン門スウェーデン半血種 (Swedish Halfbred)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone