コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

漏電 ろうでんleak

翻訳|leak

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

漏電
ろうでん
leak

電気がれ流れること。電気機械,器具や電線絶縁の低下または損傷によって起り,火災や感事故などの原因となる。これらの事故防止のため,屋内低圧線が地絡したとき,それを検出して警報を出す漏電警報器 (電気火災警報器ともいう) や回路を自動的に遮断する漏電遮断器がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ろう‐でん【漏電】

[名](スル)配電の不備や電線の絶縁不良により、電流が回路以外にもれて流れること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

漏電【ろうでん】

電気回路をはずれて大きい電流が流れる現象。屋内配線,電気機器などでネズミやヘビにかまれた絶縁物の損傷,不完全な配線工事,湿気などによる絶縁不良,老化による絶縁耐力の低下などが原因。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ろうでん【漏電 leak】

電気配線および電気機器において,電流が所定の部分を流れず,外部に漏れ出る現象。日本の電気設備を規定している電気設備技術基準では,電路(配線や機器において本来電流の流れる部分)を大地から絶縁することを義務付けている。したがって,配線や機器が健全であれば漏電は生じない。漏電が生ずるのは配線や機器の絶縁,とくに大地との間の絶縁が劣化した場合である。低電圧の配線では変圧器のところで接地工事(アース)が施されているので,漏電電流は機器から大地を経由して電源へもどる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ろうでん【漏電】

( 名 ) スル
機械の故障や電線の絶縁不良などのために、電気がもれること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

漏電
ろうでん
leak

機器を含めた電気回路において必然的数値以上の漏洩(ろうえい)電流が発生する状態をいう。漏洩電流とは電路以外に流れる電流であって、電路の絶縁体の内部および表面ならびに空間を通じて線間または大地との間に流れる電流である。漏電を調べる方法はメガーにより絶縁抵抗を測定することで行われる。対地電圧150ボルト以下の電路では絶縁抵抗値は0.1メガオーム以上、150ボルト超過では0.2メガオーム、300ボルト超過では0.4メガオーム以上の数値が分岐回路ごとになければならない(電気設備技術基準)。漏電の原因は、(1)電路の絶縁物の絶縁劣化、(2)外力による破壊損傷、(3)湿気の浸入、(4)機器の破損がおもなものとしてあげられる。漏電箇所は漏洩電流が流れ続けると加速的にその部分の絶縁状態が悪くなるので注意を要する。屋内配線の漏電は建造物に漏洩電流が流れ、電気火災の原因となる。電気機器の漏電は、これに触れる人が感電して死傷事故を起こすなどの重大結果となることがある。
 漏電による事故を未然に防止するには、自動的に漏洩電流を検知して回路を遮断する方法がとられている。高圧受変電設備では地絡継電器(地絡リレー)が設けられ、漏電地絡による零相電流を検出し、自動的に電路を遮断する。また、低圧電路では漏電警報器か漏電遮断器が採用される。電気事業法および消防法関係法令ではこれらの機器の設置の基準を定めている。[越野一二・市川紀充]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

漏電の関連キーワード廊・朗・郞・労・勞・廊・弄・朗・楼・樓・浪・漏・牢・狼・籠・老・聾・臘・蝋・蠟・郎・陋・露消防施設工事(建設業許可の一種)ウラジミル テンドリャコフ東電施設火災と大規模停電アース付きコンセントエレクトロクロミック博多百年蔵の火災感震ブレーカー日幸電機製作所テンドリャコフテンパール工業PSEマークトラッキング非接触充電電流制限器旧吉田茂邸ノンネル鉄道事故坑内火災湯たんぽ

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

漏電の関連情報