コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノースラナークシャー ノースラナークシャーNorth Lanarkshire

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノースラナークシャー
North Lanarkshire

イギリススコットランド中西部の単一自治体(カウンシルエリア council area)。行政府所在地マザーウェルグラスゴー大都市圏の東端に接する。大部分が旧ラナークシャー県に属するが,北部のカンバーノールド周辺は旧ダンバートンシャー県,最北部のキルサイス周辺は旧スターリングシャー県に属する。1975年の自治体再編でストラスクライド県の一部となり,1996年に単一自治体となった。人口の大部分は,南西部の市街地およびグラスゴー近郊に集中している。マザーウェル,ウィショー,コートブリッジなどの古い工業都市は,石炭と鉄鉱石の産出をきっかけに早くから発展し,大規模な鉄鋼業が営まれた。だが 20世紀末には炭鉱が閉鎖され,重工業の衰退によりこれらの都市は経済的苦境に陥った。一方,新興のカンバーノールドではコンピュータオフィス機器,電子機器などが製造され,多様なサービス業が行なわれている。北部と東部の農業地帯では,おもに酪農,ブタや家禽の飼育,飼料の生産などが行なわれ,最北部には森林地帯が広がる。面積 470km2。人口 32万3780(2006推計)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報