コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノートルダムデュピュイ大聖堂 ノートルダムデュピュイダイセイドウ

デジタル大辞泉の解説

ノートルダム‐デュ‐ピュイ‐だいせいどう〔‐ダイセイダウ〕【ノートルダムデュピュイ大聖堂】

Cathédrale Notre-Dame du Puy》フランス中南部、オート‐ロアール県の都市ルピュイにある、10世紀に建造されたロマネスク様式の大聖堂。聖堂内に「黒い聖母像」、聖堂背後に高さ16メートルの聖母像を頂くコルネイユ岩山がある。創建以来、サンティアゴ‐デ‐コンポステラへの巡礼路の出発地の一として知られ、世界遺産(文化遺産)に登録されている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ノートルダムデュピュイ大聖堂の関連キーワードノートルダム大聖堂サンテチエンヌ大聖堂サンピエール大聖堂サンルイ大聖堂アミアン大聖堂ストラスブール大聖堂ノートルダム寺院ノートルダムドラソンプシオン大聖堂ランス大聖堂ルーアン大聖堂

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android