コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノート型コンピュータ ノートがたコンピュータnotebook-size computer

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノート型コンピュータ
ノートがたコンピュータ
notebook-size computer

A4またはそれ以下のサイズで厚さが数 cm以下の可搬性に富んだコンピュータの総称。デスクトップコンピュータが設置された場所のみでの使用を前提にしているのに対して,随時携帯し移動中の乗物内や外出先などでの使用が可能。液晶ディスプレイ,キーボード,ディスク駆動装置,バッテリーなどが一体化されており,単体でデスクトップコンピュータと同等の機能を備える。パソコン通信などのネットワーク・サービスの普及に伴い,モデムやファクシミリモデムを標準で搭載しているものや,マルチメディアに対応して CD-ROMドライブを内蔵したものもある。バッテリーでの長時間駆動や本体重量のよりいっそうの軽量化が普及への鍵となっている。 (→ハンドヘルドコンピュータ )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ノート型コンピュータの関連キーワードモバイルコンピューティングタブレット型コンピュータパーソナル・コンピュータプラズマディスプレイディスプレー装置ノートパソコン情報活用能力モグリッジPCカードワンセグ

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android