随時(読み)ずいじ

精選版 日本国語大辞典「随時」の解説

ずい‐じ【随時】

〘名〙
① 時にしたがうこと。その時の条件にしたがうこと。臨機
※西宮記(969頃)八「私遊宴事。夫於律遊者用平調、於呂遊者用双調、至于他調時用之」
※商法(1899)二三五条「臨時総会は必要ある場合に随時之を招集す」 〔易経‐随卦〕
② その時々。多く詞的に用いる。
※彼の歩んだ道(1965)〈末川博〉まえがき「二十五年間の思い出を随時に書きためたのをまとめたものであるから」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「随時」の解説

ずい‐じ【随時】

[副]
適宜な時に行うさま。その時々。「随時巡回する」
日時に制限のないさま。好きな時にいつでも。「随時入院することができる」
[類語]臨時不時不定期折に触れて当座時には時として往往たまたまたまさか時時ときどき時折折折時たま間間折節散発間欠周期的とかく時にたまややもすればともすると得てしてなにかにつけ何かと言えば

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「随時」の解説

【随時】ずいじ

時宜に応じる。〔国語、越語下〕夫(そ)れ人は時に隨ひて以て行ふ。れを時を守ると謂ふ。天時作(おこ)らざれば、人の客と爲らず。人事らざれば、之れが始めと爲らず。

字通「随」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

七夕

旧暦 7月7日の夜に,天の川(→銀河系)の両岸にある牽牛星(ひこぼし。わし座のα星アルタイル)と織女星(おりひめ。こと座のα星ベガ)が年に一度相会するという伝説に基づいて,星をまつる行事。五節供の一つ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android