随時(読み)ずいじ

精選版 日本国語大辞典「随時」の解説

ずい‐じ【随時】

〘名〙
① 時にしたがうこと。その時の条件にしたがうこと。臨機。
※西宮記(969頃)八「私遊宴事。夫於律遊者用平調、於呂遊者用双調、至于他調随時用之」
※商法(1899)二三五条「臨時総会は必要ある場合に随時之を招集す」 〔易経‐随卦〕
② その時々。多く副詞的に用いる。
※彼の歩んだ道(1965)〈末川博〉まえがき「二十五年間の思い出を随時に書きためたのをまとめたものであるから」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「随時」の解説

ずい‐じ【随時】

[副]
適宜な時に行うさま。その時々。「随時巡回する」
日時に制限のないさま。好きな時にいつでも。「随時入院することができる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android