コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノーラ Nora

翻訳|Nora

世界大百科事典 第2版の解説

ノーラ【Nora】

イプセンの問題劇《人形の家》(1879)のヒロイン。日本ではノラと呼ばれたが,原発音はノーラ。妻や母である前に人間だといって夫と3人の子どもを置いて家を出るノーラは,女性解放の象徴的人物とされ,その行動の是非が世界中で激しく議論された。北欧のあるサロンでは〈人形の家の議論お断り〉のはり紙まで出たという。ドイツ初演の際,主演の女優が子どもを捨てる場面を拒否,イプセンはやむを得ず子どもの寝顔を見て家出をやめるという結末に書き直したが,自らそれを〈野蛮行為〉と呼んだ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ノーラの関連キーワードPERSON of INTEREST 犯罪予知ユニット雪印 ネオソフト キャノーラハーフNERVOUS BREAKDOWNdummy head mikeカドミウム・レイディアンスキャスリーン ターナーホロダイアシスタイトグラノーラアイスバーアイラ ガーシュインダンシング・シスターブレンダ マドックス13ウォーリアーズヘミダイアシイストキャノーラミールモンゾノーライトカドミウムの輝きH. モジェスカアニカ トールフロストラインめぐり逢えたら

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ノーラの関連情報