コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノーラ Nora

翻訳|Nora

世界大百科事典 第2版の解説

ノーラ【Nora】

イプセンの問題劇《人形の家》(1879)のヒロイン。日本ではノラと呼ばれたが,原発音はノーラ。妻や母である前に人間だといって夫と3人の子どもを置いて家を出るノーラは,女性解放の象徴的人物とされ,その行動の是非が世界中で激しく議論された。北欧のあるサロンでは〈人形の家の議論お断り〉のはり紙まで出たという。ドイツ初演の際,主演の女優が子どもを捨てる場面を拒否,イプセンはやむを得ず子どもの寝顔を見て家出をやめるという結末に書き直したが,自らそれを〈野蛮行為〉と呼んだ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ノーラの関連キーワード雪印 ネオソフト キャノーラハーフdummy head mikeカドミウム・レイディアンスキャスリーン ターナーアイラ ガーシュインホロダイアシスタイトグラノーラアイスバーコールドネプチューンブレンダ マドックスヘミダイアシイスト斑レイ岩(斑糲岩)カドミウムの輝きH. モジェスカモンゾノーライトフロストラインエルモシージョアニカ トールめぐり逢えたらキタシロサイヴイナス戦記

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android