コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノーラ Nora

翻訳|Nora

1件 の用語解説(ノーラの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ノーラ【Nora】

イプセンの問題劇《人形の家》(1879)のヒロイン。日本ではノラと呼ばれたが,原発音はノーラ。妻や母である前に人間だといって夫と3人の子どもを置いて家を出るノーラは,女性解放の象徴的人物とされ,その行動の是非が世界中で激しく議論された。北欧のあるサロンでは〈人形の家の議論お断り〉のはり紙まで出たという。ドイツ初演の際,主演の女優が子どもを捨てる場面を拒否,イプセンはやむを得ず子どもの寝顔を見て家出をやめるという結末に書き直したが,自らそれを〈野蛮行為〉と呼んだ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ノーラの関連キーワード高安月郊イプセン社会劇人形の家ノラ問題劇時間の問題思想劇パイプ石『人形の家』

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ノーラの関連情報