コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノールトブラバント州 ノールトブラバントNoord-Brabant

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノールトブラバント〔州〕
ノールトブラバント
Noord-Brabant

オランダ南部,ベルギーと境を接する州。州都スヘルトーヘンボス。海岸部は肥沃で,コムギ,テンサイが生産されるが,排水不良地では牧草地が卓越する。南部のヒース地帯は,森林や沼沢地が多く農業に適さないが,19世紀から泥炭の切出しと園芸農業,育牛が行われてきた。 20世紀になって人口流出が続き,農業開発は遅れている。主要都市はこれまで臨海部ではベルヘンオプゾーム,河川沖積地ではブレダ,内陸の砂質地ではスヘルトーヘンボスが代表的であったが,現在ではティルブルフアイントホーフェンなど南部の工業都市が成長している。住民の大部分はカトリック。面積 4948km2。人口 220万 9047 (1991) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ノールトブラバント州の関連キーワードヘルデルラント州ローセンダールヘルモントオッス

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android