コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハイサグラフ hythergraph

1件 の用語解説(ハイサグラフの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ハイサグラフ【hythergraph】

横軸に月降水量を,縦軸に月平均気温をとって,月ごとにプロットした12点を月順に結びつけた線図。雨温図ともいう。作図が簡単で,しかも気温と降水量の組合せの季節推移が一見してわかるので,気候の便利な表現法として重宝されている。G.テーラー湿球温度相対湿度,あるいは気温と相対湿度を組み合わせクライモグラフを考案したが,資料入手の便宜上からクライモグラフを改良したものがハイサグラフである。しかし,このハイサグラフをクライモグラフと呼ぶことがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ハイサグラフの関連キーワードイールドカーブ成長曲線窒素出納指数粒径分布曲線暖かさの指数川喜田‐吉良の乾湿度指数ケッペンの乾燥度指数セグレチャートタルボット式(降雨)フロートの図表

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone