コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハイサンプリング録音 ハイサンプリングろくおん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハイサンプリング録音
ハイサンプリングろくおん

CD録音で,アナログ信号をデジタル信号に変換する過程において,サンプリング周波数を通常より高い 96KHzまで引き上げる方法。今までの CDの規格 (16ビット,44.1KHz) では高周波が収録されないが,LPレコードの自然で潤いのある再生音はこの高周波によることが解明された。そのため,この高周波を収録することにより,オリジナル・マスター (原音) のもつアナログ性と快感を再現しようという試みがなされ,ハイサンプリング録音が登場した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android