コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハイニヒェン Heinichen, Johann David

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハイニヒェン
Heinichen, Johann David

[生]1683.4.17. クレスルン
[没]1729.7.16. ドレスデン
ドイツの作曲家,理論家。ライプチヒで J.シェレおよび J.クーナウに学んだ。 1702年ライプチヒ大学で法律を学び,10~16年イタリアに行く。 17年以後はドレスデンのザクセン侯の宮廷楽長をつとめた。オペラのほかに教会音楽や器楽曲も多数作曲し,また数字付き低音についての名著『ゲネラルバス教本』 Der General-Bass in der Composition (1728) などを出版した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ハイニヒェンの関連キーワードゲラートゼレンカ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android