コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘント Gent

翻訳|Gent

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘント
Gent

フランス語ではガン Gand。ベルギー北西部,オーストフランデレン州の州都。運河化されたスヘルデ川 (エスコー川) とレイ川の合流点に位置し,7世紀に起源をもつベルギーで最も古い都市の一つとされる。フランドル伯領の首都であったが,織布業の中心地として発展したため商工業者のギルドの力が強く,多くの特権を与えられ,1584年までは自治都市であった。 16世紀後半から政治的,経済的に衰退したが,19世紀になって綿工業の導入,運河の開通 (1822~29) ,河港の開設 (27) により再び繁栄を取戻し,現在,ベルギー第2の港をもつ繊維工業,商業,金融業の中心地となっている。周辺部では,花卉栽培,園芸農業が盛んで,5年ごとに花卉展覧会も開催される。歴史的建造物はベルギーの諸都市のうちで最もよく保存されており,フランドル伯の居城 (1180) ,市庁舎 (16~17世紀) ,鐘楼 (14世紀) ,衣料会館 (14世紀) ,金曜市場のほか,ファン・アイク兄弟の『ヘントの祭壇画』で有名なゴシック様式のサン・バボン大聖堂 (14~16世紀) など多くの聖堂がある。博物館,美術館も多く,総合大学,農業大学とあわせて,文化,教育の中心地でもある。ヘントの平和締結 (1576) ,アメリカ=イギリス戦争の終結条約締結 (1814) の舞台。人口 23万 246 (1991) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ヘント(Gent)

ベルギー北西部の商工業都市。中世毛織物工業により繁栄。現在は鉄鋼・繊維工業が盛ん。園芸地帯を控え、花祭りが行われる。歴史的建物が多い。フランス語名ガン。ゲント

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ヘント

ベルギー北西部,東フランドル州の州都。フランス語ではガンGant,英語ではゲントGhent。スヘルデ川とリース川の合流点にあり,繊維,金属,電機などの工業が行われる。
→関連項目フランドル

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヘント【Gent】

ベルギー北西部,東フランドル州の州都。ワロン語(フランス語)ではガンGand,英語ではゲントGhent。人口25万2000(1980)。スヘルデ川とライエLeie川の合流点に位置。19世紀初頭以来ベルギー最大の綿工業都市であったが,第2次大戦後は北郊のヘント・テルネーゼン運河(長さ33km)沿いに大臨海工業地帯が造られ,製鉄,石油化学,自動車などの外国系企業が進出している。ヘントは同運河によって6.5万トン級の船が入港でき,アントワープに次ぐベルギー第2の港でもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ヘント【Gent】

ベルギー西部の都市。中世以降、毛織物工業が盛ん。多くの古建築がある。ガン。ゲント。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヘント
へんと
Gent

ベルギー北西部、東フランドル州の州都、商工業都市。ゲントともいう。フランス語名ガンGand。人口22万6220(2002)。[川上多美子]

地誌

リス川とスケルデ川の合流点に位置し、オーステンデやオランダのテルニューゼンに運河が通じ、ベルギー第二の港湾をもつ。ベルギー第一の繊維工業都市だが、ドイツなどの化学繊維の発達に圧迫され不振となったため、国や外国資本の導入により新規工業の育成が図られた。北郊には鉄鋼、造船、繊維、製紙、自動車組立て、肥料、石油化学工業などが発展してきた。またヨーロッパ有数の園芸地帯を控え、5年に1回、世界の園芸家の参加するヘント花祭が開催される。9世紀のフランドル伯城、12世紀の聖バボン大聖堂、レイエ川沿いのギルドハウス群、フランドル派の絵画を蔵する美術館もある。オランダ語圏の学問の中心ヘント大学(1817創立)の所在地。劇作家メーテルリンクの生地。[川上多美子]

歴史

9世紀にフランドル伯が城を築いてから商工業の中心地として発展、自治権を得た12世紀後半から15世紀まで、ブリュッヘ、イーペルとともにフランドル毛織物工業を支えた。百年戦争でイギリス産羊毛の輸入が封鎖されると、親フランス派のフランドル伯に反抗、イギリス王エドワードをフランス王と宣言した。1453年ヘント(ガン)の軍はフィリップ善良公に敗北、88年市は包囲された。この町に生まれたカール5世により特権を奪われた16世紀以後は、イギリス、オランダに押されて毛織物業は衰微した。しかし、19世紀に入って紡績が盛んになり、ベルギーの織物業の中心地となった。オランダ独立戦争初期の「ゲントの和約」(1576)の締結地である。[米田潔弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のヘントの言及

【フランドル】より

…しかし,中世初期にはフランク王国の北西端を占め,その中核地帯には属していなかった。バイキングの侵攻からかなりの被害を受けたフランドルは,王権に代わってブリュージュヘントに城塞を築いた有力領主のもとで,地域的結集の方向をとる。初代フランドル伯とされる9世紀末のボードゥアンBaudouin1世(鉄腕伯)から11世紀中葉までは,なお離合集散が激しかったが,12~13世紀には,地域開発政策と十字軍での活躍で著名なアルザス家のティエリーThierryやフィリップPhilippeのような名君のもとで,当時のヨーロッパで最も中央集権的な領邦を形成した。…

※「ヘント」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ヘントの関連キーワードヘント・テルネーゼン運河フィリップ ヘレヴェッヘブラッドリー ウィギンズヒー フェルホフスタットヨース・ファン・ヘントジョン・オブ・ゴーントオウデナルデの戦いエリック ミランコーレンマルクトガン(ベルギー)ルネ ヤーコプスユトレヒト同盟メーテルリンク聖バーフ大聖堂国際眼科学連合ファン・ヘントアルテフェルデアルテベルデファンアイクベークランド

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ヘントの関連情報